Fat Lava-- Dümler&Breiden --

¥ 12,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便Mサイズ

    80サイズ

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,800円
    • 東北

      • 青森県 1,400円
      • 岩手県 1,400円
      • 宮城県 1,400円
      • 秋田県 1,400円
      • 山形県 1,400円
      • 福島県 1,400円
    • 関東

      • 茨城県 1,200円
      • 栃木県 1,200円
      • 群馬県 1,200円
      • 埼玉県 1,200円
      • 千葉県 1,200円
      • 東京都 1,200円
      • 神奈川県 1,200円
      • 山梨県 1,200円
    • 信越

      • 新潟県 1,200円
      • 長野県 1,200円
    • 北陸

      • 富山県 1,100円
      • 石川県 1,100円
      • 福井県 1,100円
    • 東海

      • 岐阜県 1,100円
      • 静岡県 1,100円
      • 愛知県 1,100円
      • 三重県 1,100円
    • 近畿

      • 滋賀県 1,100円
      • 京都府 1,100円
      • 大阪府 1,100円
      • 兵庫県 1,100円
      • 奈良県 1,100円
      • 和歌山県 1,100円
    • 中国

      • 鳥取県 1,100円
      • 島根県 1,100円
      • 岡山県 1,100円
      • 広島県 1,100円
      • 山口県 1,100円
    • 四国

      • 徳島県 1,200円
      • 香川県 1,200円
      • 愛媛県 1,200円
      • 高知県 1,200円
    • 九州

      • 福岡県 1,200円
      • 佐賀県 1,200円
      • 長崎県 1,200円
      • 熊本県 1,200円
      • 大分県 1,200円
      • 宮崎県 1,200円
      • 鹿児島県 1,200円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,800円

※28,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

Dümler&Breidenの花器が入荷しました。
このメーカーはいつもとても独特な美しさがあり、かつクオリティも高いゆえ、ファンが多いです。
私も大好きなメーカーなので、今回はこのシリーズをまとめてそろえてみました。
こちらも形、色、本当にとても素晴らしいと思います。
サイズも大振りなので存在感も抜群の一点ですが、インテリアのアクセントとして合わせやすいと思います。
このシリーズ、とてもおすすめです。めちゃくちゃかわいいです。

サイズ:H:20.5cm, Top:W7cm×7cm,Bottom:W12cm×D11cm(Max)
原産国:ドイツ
-----------------------------Dümler&Breidenについて-------------------------------

Dümler&Breidenは1930年から1980年の終わりまで、西ドイツの中でも主要な陶芸工場の1つでした。
開業当初からビールジョッキ(生産は1890年から1957年まで)、パンチボウル、マグカップのような多くの伝統的な陶器が製造されていましたが、第二次世界大戦後の50〜60年代に力強い成長期を迎えました。
fatlavaの花器はその中のレーベル「RELIEF」によって設計されました。
60年代の終わりまでに銅色の釉薬が開発され、そこで銅部品が加工されました。

Dümler&Breidenの品質は概ね最高であったと言われています。
少しでも不良のあるものはあらゆる状況下においてそれを外には出さなかったそうです。

RuschaとScheurichというトップレーベルを追随する形でDümler&Breidenは大成功を収めました。

彼らの花器は独特の「フォント」でDümler&Breidenとして識別可能。
D&Bと表すこともあります。
また、白い土をメインで使い、時々赤を取り入れたりもしています。


--------------------------------------------------------
Dümler&Breidenは1883年に生産を開始。
多くの製陶工場で有名なHöhr-Grenzhausenに設立されました。創設者はPeterDÜmlerと彼の義理の兄弟Albert Breidenでした。
家族親戚の一族でレーベルは維持されていました。
Peterはデザイナーで、Reinhold HankeとSimon Peter Gerzによって技術を学びました。
彼の叔父S.Pによって教育を受けたGerzが担当し、1907年にPeterが亡くなり、AlbertがPeterの未亡人であるBerthaの助けを借りて会社を引き継ぎました。
Peterの息子PaulDümlerは父親の足跡をたどり、Terra Sigillataシリーズをデザインしました(この作品は古いローマの陶器のスタイルに基づいています)。
彼のキャリアは非常に短かったが、彼は戦争から戻ってこなかった。
1918年に名前が付けられた従兄弟であるErnstDümlerが懸念に加わり、彼の地位を引き継ぎました。 1913年に売却した。
第一次世界大戦後、アルバートはS.Pを管理、2人の息子AdolfとHermannの助けを借りて経営していました。アルバートの死後はヘルマンに引き継がれて継続していました。

Dümler&Breidenは1930年から1980年の終わりまで、D&Bは主要な陶芸工場の1つでした。
開業当初からビールジョッキ(生産は1890年から1957年まで)。、パンチボウル、マグカップのような多くの伝統的な陶器が製造されていましたが、第二次世界大戦後の50〜60年代に力強い成長期を迎えました。
fatlavaの花器はその中のレーベル「RELIEF」によって設計されました。60年代の終わりまでに銅色の釉薬が開発され、そこで銅部品が加工されました。

当レーベルは1995年に閉鎖されました。

※ヴィンテージ品のための小さなスクラッチやチップ・クラックなどがある場合があります。鑑賞用としてのご使用をおすすめいたします。

上記内容を御理解頂きました上でのご購入をお願いします。

※ヴィンテージ品、かつ釉薬違いや形違いなど相当数のバリエーションがあるため、在庫数がゼロになったものの再入荷のお知らせはお受けしておりません。(システム上、再入荷のお知らせの項目が消せないので存在していますが、、、)
一期一会の出会いをお楽しみ頂ければ幸いです。