--Carstens-- | Fat Lava and German Art Pottery-kiis-

1/15

--Carstens--

¥5,000 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥44,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

Carstens Tonnieshof社製。
なんと今回は珍しいAustriaメイドのマークです。
同じ形でもドイツ製ばかりを入れていたので、背景が面白いので買い付けてみました。
この会社はとても大きく大企業に発展した当時、オーストリアにも支店があったからなのです。
このロゴもかわいいですね。

サイズ:H:24cm Top:φ5.5cm Bottom:φ6.5cm
ザラッとした素焼きに釉薬なので、シミなどがつきやすくいくつか見受けられます。
主観的には目をひくデザインなので(かわいいなぁと眺めているときは気にならず画像を撮ってる時に気が付きました)、気に入って頂いた方にはおすすめです。お値段はかなり下げています。

----------------------Carstens Tonnieshof----------------------------------
1945-1984
Carstensはもともと、1900年にChristian Heinrich Carstesによって最初に設立された、大規模なセラミックス企業グループの一部でした。
しかし、第二次世界大戦後、そのすべては東ドイツ側に奪われました。Carstens UffrechtはVEB Haldenslebenとなりました。
その後、彼の息子たちが1945年にTönnieshofにCarsten Tönnieshofを設立しました。
生産は1947年に開始、ほとんどの形や装飾はアートディレクターであったTrude Carsten(Ernst Carstensの妻、~1965年まで)、Rudolf Christmann(Dümler & Breidenでも活躍した)など。
1953年には400人以上雇用する大企業に発展しました。
1962年からは1964年まではGerda Heuckeroth(Ceramano、Ruschaでも活躍)も加わりました。
1970年代には海外に支店を持ち(ブラジル、アルゼンチン、チリ、オーストラリア)ましたが、1980年に入りセラミックブームが終息し始め、1984年になりCarstens Tönnieshofは終焉を迎えました。
1990年ふたたびドイツが統一した時に、VEB SteingutfabrikはCarstensに戻りました。そして2005年、Silberdistelを引き継ぎました。
現在はCarstens Keramik Rheinsbergは Rheinsberg Rhinstrasseにあります。

Carstenは赤茶色の粘土をベースに花瓶を作りました。品質はとても高く、60年代-70年代はさまざまな形と釉薬を用いた花瓶を生産しました、
花瓶を始め、ランプベース、キャンドルスタンド、壁のレリーフ、時計なども生産していました。

※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。
観賞用としてのご利用をオススメしています。

上記内容を御理解頂きました上でのご購入をお願いします。

※システム上【再入荷についてお問合せをする】というボタンが存在してしまいますが、基本的にお受けしておりません。
ヴィンテージ品ということと、型違い・色違いなど相当数のバリエーションがあるので、全く同じものに出会う可能性が高くないことが理由です(もちろん、メーカーによって生産数が多いものについては、ほぼ同じ、というものが存在することもありますが、それも一つ一つで異なるため皆様に平等な対応ができないのです。。。。ごめんなさい。)
その分、また新たに「これだ!」と思えるものをたくさん探していきますので、一期一会の出会いをお楽しみいただけたら幸いです。

※送料をご負担いただく代わりに、消費税は全てこちらでサービスさせて頂いております。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥5,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品