--ES Keramik-- | Fat Lava and German Art Pottery-kiis-

1/14

--ES Keramik--

¥13,000 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

ふくよかなシルエットとデザイン性豊かな絵付けがとても印象的な花器が入荷しました。
1950年代~1960年代初頭に見られるRuschaの花器と系統が似ていて、一見判別が難しいのですが(底を見ると判別できることも多い)、こちらはHans Kraemerがデザインし、Willi Hackによって設計されたフォームです。
Ruscha、ESどちらも当時から人気があり、双方コレクターズアイテムとなっています。

なぜ、異なるメーカーでここまで同じようなシリーズが出来るかというと、その当時人気のあるデザイナーはじめ、職人たちもいろんなメーカーを渡り歩いていたからです。
今のところ、私が知っている知識はそこまでなので、もう少し深めた知識は研究中です。
(なぜ渡り歩くのか、という理由など)


サイズ:H:19cm,Top:φ5m,Bottom:φ6cm
原産国:ドイツ

--ES Keramikについて---
1948-1974

沿革
1921年2月17日、Josef EmonsとJean Fussはラインバッハ(ノルトライン・ヴェストファーレン)にFuss & Emonsを設立。
1948年、 Fuss&EmonはJ. EmonsSöhne/ES KeramikとJean Fuss&Sohnに二分されました。
Jean Fuss&Sohnは、Mareiという名前で製造されました。

1971年、ES Keramikの事業はカナダとオーストラリアからの注文により繁栄しましたが、1974年に生産が一般の好みに合わなかったため、工場を閉鎖する必要がありました。
機械の一部はRuschkaに売却され、隣接するMareiがES Keramik社の敷地とその労働者の大部分を引き継ぎました。

特徴
ES Keramikは、白い粘土を使用しますが、上からに釉薬を塗り重ねて白を見えないようにしています。
下部には、2桁または3桁のモデル番号があり、その後に2桁のセンチメートル単位の「/」が続きます。
60年代から70年代に、ES Kermikは「KERAMIK ES」または「KERAMIK ES handgemalt」の銀色のステッカーを貼りました。
デザイナーはWilli Hack、HansKrämer。

※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。
観賞用としてのご利用をオススメしています。

上記内容を御理解の頂きました上でのご購入をお願いします。

Add to Like via app
  • Reviews

    (89)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥13,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品