--Bay Keramik--

¥ 11,000 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便Mサイズ

    80サイズ

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,950JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,500JPY
      • Iwate 1,500JPY
      • Miyagi 1,500JPY
      • Akita 1,500JPY
      • Yamagata 1,500JPY
      • Fukushima 1,500JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,300JPY
      • Tochigi 1,300JPY
      • Gumma 1,300JPY
      • Saitama 1,300JPY
      • Chiba 1,300JPY
      • Tokyo 1,300JPY
      • Kanagawa 1,300JPY
      • Yamanashi 1,300JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,300JPY
      • Nagano 1,300JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 1,200JPY
      • Ishikawa 1,200JPY
      • Fukui 1,200JPY
    • Tokai

      • Gifu 1,200JPY
      • Shizuoka 1,200JPY
      • Aichi 1,200JPY
      • Mie 1,200JPY
    • Kinki

      • Shiga 1,200JPY
      • Kyoto 1,200JPY
      • Osaka 1,200JPY
      • Hyogo 1,200JPY
      • Nara 1,200JPY
      • Wakayama 1,200JPY
    • Chugoku

      • Tottori 1,200JPY
      • Shimane 1,200JPY
      • Okayama 1,200JPY
      • Hiroshima 1,200JPY
      • Yamaguchi 1,200JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,300JPY
      • Kagawa 1,300JPY
      • Ehime 1,300JPY
      • Kochi 1,300JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,300JPY
      • Saga 1,300JPY
      • Nagasaki 1,300JPY
      • Kumamoto 1,300JPY
      • Oita 1,300JPY
      • Miyazaki 1,300JPY
      • Kagoshima 1,300JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,900JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 44,000JPY will be free.

Report

Bay Keramik社製。1950年代-1960年代初頭らしい、原色使いの目を惹くカラーリングの花器が入荷しました。
立体感のあるブラック×ホワイトの釉薬との対比も美しいです。
全体的に滑らかな艶のある釉薬です。

サイズ; H:22cm,top:φ6.5cm,Bottom:φ6.2cm

---------Bay Keramikについて----------------
Eduard Bayは、1933年にRansbach-BaumbachにBay Keramikを設立しました。

当初は、調理ポットを含む素焼きのテラコッタ食器に焦点を当てていました。
1936年に象徴的な釉薬が導入され、1937年に金型に鋳物が鋳造されるようになり、より高速で一貫した生産が可能になりました。

1950年代から1970年代初頭にかけて、Bay Keramikは最も成功した陶磁器企業になりました。
第二次世界大戦後、食器の生産が再開され、1950年代初頭から花瓶などの装飾品が導入されました。
1967年に、ベイは「Römertöpfe」を作ることにおける先駆者でした。
Bodo Mansは1959-75年の最も有名なデザイナーでした。
彼はとても人気があり彼のデザインしたシリーズ、'Ravenna'などもコレクターズアイテムとなっています。

花瓶は通常、下部に「BAy」とマークされています。
ほとんどの場合、下部に2桁または3桁の数字があり、その後にスペースまたはハイフンと、センチメートル単位の高さを示す数字が続きます。
常に白い粘土を使い、マークはほぼ独占的に成型されています。


※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。
※観賞用としてのご使用をオススメしています。

上記内容を御理解頂きました上でのご購入をお願いします。

※ヴィンテージ品、かつ釉薬違いや形違いなど相当数のバリエーションがあるため、在庫数がゼロになったものの再入荷のお知らせはお受けしておりません。(システム上、再入荷のお知らせの項目が消せないので存在していますが、、、)
一期一会の出会いをお楽しみ頂ければ幸いです。

※送料をご負担いただく代わりに、消費税は全てこちらでサービスさせて頂いております。

※資源の無駄を省くため梱包材の再利用にご協力ください。(ギフトなどの場合は仰せ下さい。)