--Graflich Ortenburgsche --K3

¥ 12,000 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便Lサイズ

    100

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 2,200JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,850JPY
      • Iwate 1,850JPY
      • Miyagi 1,850JPY
      • Akita 1,850JPY
      • Yamagata 1,850JPY
      • Fukushima 1,850JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,750JPY
      • Tochigi 1,750JPY
      • Gumma 1,750JPY
      • Saitama 1,750JPY
      • Chiba 1,750JPY
      • Tokyo 1,750JPY
      • Kanagawa 1,750JPY
      • Yamanashi 1,750JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,650JPY
      • Nagano 1,650JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 1,550JPY
      • Ishikawa 1,550JPY
      • Fukui 1,550JPY
    • Tokai

      • Gifu 1,550JPY
      • Shizuoka 1,550JPY
      • Aichi 1,550JPY
      • Mie 1,550JPY
    • Kinki

      • Shiga 1,550JPY
      • Kyoto 1,550JPY
      • Osaka 1,550JPY
      • Hyogo 1,550JPY
      • Nara 1,550JPY
      • Wakayama 1,550JPY
    • Chugoku

      • Tottori 1,550JPY
      • Shimane 1,550JPY
      • Okayama 1,550JPY
      • Hiroshima 1,550JPY
      • Yamaguchi 1,550JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,700JPY
      • Kagawa 1,700JPY
      • Ehime 1,700JPY
      • Kochi 1,700JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,650JPY
      • Saga 1,650JPY
      • Nagasaki 1,650JPY
      • Kumamoto 1,650JPY
      • Oita 1,650JPY
      • Miyazaki 1,650JPY
      • Kagoshima 1,650JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 2,600JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 44,000JPY will be free.

Report

こちらの商品は卸先様へお渡ししています。
商品についてをお知りになりたい方はお問合せ下さいませ。
こちらから卸先様のご紹介を致します(その後は直接卸先様へお問合せ頂くことになります。)

Graflich Ortenburgsche社製。
情熱的なレッドカラーが魅力的な一点が入荷しました。
サイズにもボリューム感があるので存在感は抜群です。


サイズ:H:20cm.Top:φ7.5cm,Bottom:φ15.5cm

————Graflich Ortenburgscheについて————
コブルグ近郊のオルテンブルク伯爵の領地では、1939年に大規模な粘土質の堆積物が開発されました。これにより、Alram Graf zu Ortenburgは1946年にKeramische Werkstätten Graf Ortenburgを設立しました。工房はタンバッハ城の横の棟を拠点にしていました。
花器、フィギュア、実用陶器を製作しました。装飾は隣接する絵画工房で手作業で行われました。
1949年、工房はGräflich Ortenburgsche Steingutmanufakturと改名され、生産は花瓶や壁のプレートだけでなく、コーヒーや紅茶のサービスに切り替えられました。コストの都合上、手描きの作品は数点のみでした。
10年後、総じて現代的な形や装飾を一層重視するようになりました。
国際的に成功するために、チュニジアの彫刻家セバスティアーノ・ブチェッタやアメリカのデザイナー、アイリーン・パシンスキーなどの外国人デザイナーが採用されました。
にもかかわらず、1960年代の売り上げの落ち込みは免れなかった。遅くとも1968年までには自社生産を中止し、それ以降は海外メーカーの陶磁器製品(イタリアのエルネスティーヌ陶磁器を含む)のみを販売するようになりました。


※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。
※観賞用としてのご使用をオススメしています。

上記内容を御理解頂きました上でのご購入をお願いします。

※ヴィンテージ品、かつ釉薬違いや形違いなど相当数のバリエーションがあるため、在庫数がゼロになったものの再入荷のお知らせはお受けしておりません。(システム上、再入荷のお知らせの項目が消せないので存在していますが、、、)
一期一会の出会いをお楽しみ頂ければ幸いです。

※送料をご負担いただく代わりに、消費税は全てこちらでサービスさせて頂いております。

※資源の無駄を省くため梱包材の再利用にご協力ください。(ギフトなどの場合は仰せ下さい。)

※商業用での無断転載及び引用はお控え願います。