**Scheurich**

¥ 3,900 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便Sサイズ

    60サイズ

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,700JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,300JPY
      • Iwate 1,300JPY
      • Miyagi 1,300JPY
      • Akita 1,300JPY
      • Yamagata 1,300JPY
      • Fukushima 1,300JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,150JPY
      • Tochigi 1,150JPY
      • Gumma 1,150JPY
      • Saitama 1,150JPY
      • Chiba 1,150JPY
      • Tokyo 1,150JPY
      • Kanagawa 1,150JPY
      • Yamanashi 1,150JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,150JPY
      • Nagano 1,150JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 1,000JPY
      • Ishikawa 1,000JPY
      • Fukui 1,000JPY
    • Tokai

      • Gifu 1,000JPY
      • Shizuoka 1,000JPY
      • Aichi 1,000JPY
      • Mie 1,000JPY
    • Kinki

      • Shiga 1,000JPY
      • Kyoto 1,000JPY
      • Osaka 1,000JPY
      • Hyogo 1,000JPY
      • Nara 1,000JPY
      • Wakayama 1,000JPY
    • Chugoku

      • Tottori 1,000JPY
      • Shimane 1,000JPY
      • Okayama 1,000JPY
      • Hiroshima 1,000JPY
      • Yamaguchi 1,000JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,100JPY
      • Kagawa 1,100JPY
      • Ehime 1,100JPY
      • Kochi 1,100JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,100JPY
      • Saga 1,100JPY
      • Nagasaki 1,100JPY
      • Kumamoto 1,100JPY
      • Oita 1,100JPY
      • Miyazaki 1,100JPY
      • Kagoshima 1,100JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,850JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 44,000JPY will be free.

Report

Scheurich社製。
こぶりでかわいい手のひらサイズです。
【europe line】と記されている通り、国外向け生産のシリーズであったことがわかります。

サイズ; H;7cm,Top:φ2.5cm,Body;φ7cm,Bottom:φ3.5cm

————Scheurichについて————
当時のドイツの窯業の黄金期を支えた最もメジャーなレーベルの一つです。(現在は園芸用品の生産にシフトチェンジ)。Scheurich(シューリッヒ)は、元々1927年 にAlois Scheurich(アロイス・シューリッヒ)に よって創 設され 、手頃な価格の陶器やガラス製の装飾品 、家 庭用品などを幅広販売していた。共同運営者が参画してからはScheurich&Greulich( シューリッヒ &グロイリッヒ 、Greulichは独語で“凄まじい”の意)という社名 で知られ、この頃の作品には「S&G」のラベルが 貼られたものが多く見られます。
事業が拡大すると、Scheurichは自身で陶器を製造することを 決心し、1954年にクラインホイバッハに工場を設立しました。
 同社は急速に成長し、1950~80年代には陶 器製造の分野でドイツ最大のメーカーとなり、今日も確固たる地位を維持しています。形状に加えて釉薬でも、当時は最も幅広い品揃えを誇った他、輸出量も最大だったため、現在でも同社の製品はよく見られます。特に円筒形を基調にし たシンプルな形状で、型押し模様のある床置き 花瓶が代表的。色彩については当時主流だっ た赤やオレンジから、クリーム、ベージュ、茶色 などが多くを占めています。
 1955年からの主要デザイナーはHeinz Siery (ハインツ・ジーリー)で、スタイリッシュに角度 をつけた持ち手のある先細り型「271」の水差し をデザインした。後継者や同僚には、1970~80 年代にデザインを手掛けたA. Seide(A・ザイド)、1955年から釉薬の装飾を制作したOswald Kleudgen(オスヴァルト・クロイジェン)などが 在籍していました。その他のデザイナーについては、会社の記録が保存されておらず分かっておりません。
Scheurichの製品には白い粘土が使われて おり、マークは型押しされています。マークには3 ~4桁の型番、その後ハイフンに続いてセンチ メートル単位でのサイズと「W.GERMANY」の表 記があり、底の縁に沿って半円形にマークが型 押しされている場合が多い。その他のマークが 型押しされているのは後期の作品である。品質 は高水準で安定しており、多くの型が同じフォ ルムでさまざまな装飾パターンを展開しているため、同一の型で数多くの作品を揃えるコレク ターも少なくないです。

~~~~~購入の前に以下お読みください~~~~~
※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。鑑賞用としてのご利用をおすすめしております。

※システム上【再入荷についてお問合せをする】というボタンが存在してしまいますが、基本的にお受けしておりません。ヴィンテージ品ということと、型違い・色違いなど相当数のバリエーションがあるので、全く同じものに出会う可能性が高くないことが理由です(もちろん、メーカーによって生産数が多いものについては、ほぼ同じ、というものが存在することもありますが、それも一つ一つで異なるため皆様に平等な対応ができないのです。。。。ごめんなさい。)
その分、また新たに「これだ!」と思えるものをたくさん探していきますので、一期一会の出会いをお楽しみいただけたら幸いです。

※資源の無駄を省くため梱包材の再利用にご協力ください。(ギフトなどの場合は仰せ下さい。)

※商業用でのテキストの無断転載・商品の無断転売はお控え下さい。