--Paul Dressler--

¥ 15,400 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便Mサイズ

    80サイズ

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,950JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,500JPY
      • Iwate 1,500JPY
      • Miyagi 1,500JPY
      • Akita 1,500JPY
      • Yamagata 1,500JPY
      • Fukushima 1,500JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,300JPY
      • Tochigi 1,300JPY
      • Gumma 1,300JPY
      • Saitama 1,300JPY
      • Chiba 1,300JPY
      • Tokyo 1,300JPY
      • Kanagawa 1,300JPY
      • Yamanashi 1,300JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,300JPY
      • Nagano 1,300JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 1,200JPY
      • Ishikawa 1,200JPY
      • Fukui 1,200JPY
    • Tokai

      • Gifu 1,200JPY
      • Shizuoka 1,200JPY
      • Aichi 1,200JPY
      • Mie 1,200JPY
    • Kinki

      • Shiga 1,200JPY
      • Kyoto 1,200JPY
      • Osaka 1,200JPY
      • Hyogo 1,200JPY
      • Nara 1,200JPY
      • Wakayama 1,200JPY
    • Chugoku

      • Tottori 1,200JPY
      • Shimane 1,200JPY
      • Okayama 1,200JPY
      • Hiroshima 1,200JPY
      • Yamaguchi 1,200JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,300JPY
      • Kagawa 1,300JPY
      • Ehime 1,300JPY
      • Kochi 1,300JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,300JPY
      • Saga 1,300JPY
      • Nagasaki 1,300JPY
      • Kumamoto 1,300JPY
      • Oita 1,300JPY
      • Miyazaki 1,300JPY
      • Kagoshima 1,300JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,900JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 44,000JPY will be free.

Report

Paul Dresslerという1940-50年代に活躍した有名な陶芸家の作品。
貫入のようなこのひび割れに加え、金属色が浮き出てくるカラーリングは還元焼成ならではの技法。その後、再度酸素を結合させるという高度な冷却技術を有したマイスターだからこそ成しえる美しいラインだそうです。
(Otto Keramikでもこの技法は見受けられますが、できるメーカーはとても少ないそうです。)

日本では全然出回っていないので触れる機会は少ないのですが、コレクターさんの一人から『えっ、Paul Dressler知らないの?とても偉大な陶芸家だよ』と言いながら、よくわからない書物を出してこられたこともあります。

そういった予備知識を抜きにした見た目の佇まいだけをとっても、とてつもなく美しく、人を魅了する花器だと思います。

サイズ;H13.1cm ,Top;W7cm×D3.2cm,Body:W13.6cm×D8.1cm,Bottom;W13.6cm×D8.1cm

---------------------Pau Dresslerについて-------------------------
1879年~1950年。
彼の陶器は、手がやさしく滑るように、目を楽しませてくれる非凡なものです。
シーゲンに生まれ、戦間期の最も重要な実験的な陶芸家の一人であり、常に愛好家やコレクターの間で高く評価されています。
Jakob Julius Scharvogelの学生としてLandshutのセラミック大学で学び、1913年Paul DreslerGmbHを設立。ペルシャや後の日本のモデルをベースに、主にボウル、花瓶、プレート、燭台、フィギュアなどの装飾品が作られた。
彼の多様な釉薬と形で、1920年代から色の濃い還元釉薬を開発。細かいひび割れは、一枚一枚を個性的にする特殊な冷却技術によって作られていた。
1937年パリ世界展で金メダルを獲得。
死後も、 Töpferei Grootenburgで典型的な還元釉薬を使った作品が数多く作られました。


~~~~~購入の前に以下お読みください~~~~~
※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。鑑賞用としてのご利用をおすすめしております。

※システム上【再入荷についてお問合せをする】というボタンが存在してしまいますが、基本的にお受けしておりません。ヴィンテージ品ということと、型違い・色違いなど相当数のバリエーションがあるので、全く同じものに出会う可能性が高くないことが理由です(もちろん、メーカーによって生産数が多いものについては、ほぼ同じ、というものが存在することもありますが、それも一つ一つで異なるため皆様に平等な対応ができないのです。。。。ごめんなさい。)
その分、また新たに「これだ!」と思えるものをたくさん探していきますので、一期一会の出会いをお楽しみいただけたら幸いです。

※資源の無駄を省くため梱包材の再利用にご協力ください。(ギフトなどの場合は仰せ下さい。)

※商業用でのテキストの無断転載・商品の無断転売はお控え下さい。