--Carstens--Luxus 25.7cm | Fat Lava and German Art Pottery-kiis-

1/16

--Carstens--Luxus 25.7cm

¥11,000 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥44,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

Carstens社製。
Dieter Peterによってデザインされたフラワーレリーフのこちらは【LUXUS】シリーズのひとつ。当時のスカンジナビア陶器からインスピレーションを受けたとも言われています。

サイズ:H:25.7cm Top:φ7cm,Body;W19cm×D11cm,Bottom;φ11cm
片方の面にチップがあります。画像14-16枚目にてご確認下さい。
人気のシリーズなのですが、弊社ポリシーによりお値段をおさげしていますので、ヴィンテージにご理解頂ける方やこちらのシリーズを集めておられるコレクターの方にとってはとてもお得なお値段だと思います。

----------------------Carstens----------------------------------
1945-1984
Carstensはもともと、1900年にChristian Heinrich Carstesによって最初に設立された、大規模なセラミックス企業グループの一部でした。
しかし、第二次世界大戦後、そのすべては東ドイツ側に奪われました。Carstens UffrechtはVEB Haldenslebenとなりました。
その後、彼の息子たちが1945年にTönnieshofにCarsten Tönnieshofを設立しました。
生産は1947年に開始、ほとんどの形や装飾はアートディレクターであったTrude Carsten(Ernst Carstensの妻、~1965年まで)、Rudolf Christmann(Dümler & Breidenでも活躍した)など。
1953年には400人以上雇用する大企業に発展しました。
1962年からは1964年まではGerda Heuckeroth(Ceramano、Ruschaでも活躍)も加わりました。
1970年代には海外に支店を持ち(ブラジル、アルゼンチン、チリ、オーストラリア)ましたが、1980年に入りセラミックブームが終息し始め、1984年になりCarstens Tönnieshofは終焉を迎えました。
1990年ふたたびドイツが統一した時に、VEB SteingutfabrikはCarstenに戻りました。そして2005年、Silberdistelを引き継ぎました。
現在はCarstens Keramik Rheinsbergは Rheinsberg Rhinstrasseにあります。

Carstenは赤茶色の粘土をベースに花瓶を作りました。品質はとても高く、60年代-70年代はさまざまな形と釉薬を用いた花瓶を生産しました、
花瓶を始め、ランプベース、キャンドルスタンド、壁のレリーフ、時計なども生産していました。

~~~~~購入の前に以下お読みください~~~~~
※ヴィンテージ品のための、汚れや小さな擦り傷などがある場合があります。鑑賞用としてのご利用をおすすめしております。

※システム上【再入荷についてお問合せをする】というボタンが存在してしまいますが、基本的にお受けしておりません。ヴィンテージ品ということと、型違い・色違いなど相当数のバリエーションがあるので、全く同じものに出会う可能性が高くないことが理由です(もちろん、メーカーによって生産数が多いものについては、ほぼ同じ、というものが存在することもありますが、それも一つ一つで異なるため皆様に平等な対応ができないのです。。。。ごめんなさい。)
その分、また新たに「これだ!」と思えるものをたくさん探していきますので、一期一会の出会いをお楽しみいただけたら幸いです。

※資源の無駄を省くため梱包材の再利用にご協力ください。(ギフトなどの場合は仰せ下さい。)

※商業用でのテキストの無断転載・商品の無断転売はお控え下さい。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥11,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品