150点展示のイベント開催! | Fat Lava and German Art Pottery-kiis-

2020/10/02 23:34

「Fat Lava & German Art Pottery」展

開催日時 : 2020年10月10日 (土) 12-19時
10 月 11 日(日) 12-19 時 (なくなり次第終了)
会場 : YOKE GALLERY
〒154-0002 東京都世田谷区下馬 1-20-13 コーワビル 2F


東京にて、久しぶりのイベント開催です。
今回はたくさんの方にご協力頂いて、お花、写真、フード、オブジェありのユニークな催しです。
Ruscha313はじめScheurichのLoraなど、この日のために集めたものばかり、かなりの数ご用意しております。

どうぞおでかけ下さい。
私は2日間とも在廊しますので、お気軽に話しかけて頂ければと思います。

なお、オンラインショップは在庫調整のため、10月15日以降に再開します。
一旦在庫のあるものは非公開にしており、ほぼほぼ上記イベントに持っていきます。

何卒宜しくお願いします。

ミッドセンチュリー時代の陶磁器で日本でも近年人気が急上昇しているFat Lava を中心としたジャーマンヴィンテージポタリー。
「Fat Lava=肥えた溶岩」と直訳される通り、陶磁器に溶岩石のようなテクスチャー、ディテールが特徴的な釉薬で仕上げられたアートポタリー。
国内屈指のコレクター兼セラーkiis がFat Lava を中心に国内最大規模となる約150 点以上を揃えてPOP UP イベントを開催いたします。
当時、市場を牽引していたRuscha やScheurich、Bay Keramik を始め、Otto やES など代表的なメーカーの花器をセレクト。代名詞のRuscha313
からコレクターに人気のあるScheurich のシンボリックなLora を始め、Volkano シリーズ、Fat Lava 以前の手書きの絵付けのものまで幅広く
ラインナップ。
そこにFat Lava に魅了されて賛同した花屋、フォトグラファー、セレクター、ブランド、フードに関わるクリエイター達が華を添えます。
・Flower : デザイナーやスタイリストなど多くのファッション関係者が足繁く通う祐天寺の花屋“chibi”のオーナー芳賀規良が
Fat Lava に花を活けた作品を販売。同時に出張”chibi”としてお花の販売もいたします。
・Photo : 雑誌、広告を中心に数々の女優、俳優、モデルを撮影するフォトグラファー竹内裕二によるアート写真の展示販売。
・Fashion : 会場は人気ブランド「YOKE」のアトリエを使用。
デザイナー寺田典夫の世界観を堪能できると同時にYOKE の2020FW 最新コレクションも一部ご覧いただけます。
・Food : ariko によるカステラをご用意。
・Objet : 花器、生花、アートフォトに合わせて空間に飾れるオブジェをENKEL 主宰の水澗航がセレクト。
Fat Lava を始め、ジャンルの違う各クリエイターの世界観も存分に感じて頂けるイベントになっています。

PROFILE
○ Pottery
Fat Lava & German Art Pottery / Kiis
Fat Lava 等、東西ドイツのヴィンテージ花器コレクター。金属工芸家。
世界、現地のコレクターからの信頼も厚く、彼らと築いてきたパイプだから成せるコレクションは圧巻。また金属工芸作家としても活動。
○ Flower
chibi / Noriyoshi Haga
目黒区中目黒chibi オーナー。
アパレル、装飾品等、数々の店舗のコーディネートや、雑誌、舞台等の植物演出を手掛ける。個性溢れる世界観から、各界著名人からの支持も高い。
○ Photo
BALL PARK / Yuji Takeuchi
1976 年広島県出身、2000 年ホンマタカシ氏に従事、2016 年BALLPARK を設立
雑誌、広告にて活躍。数々の女優、俳優、モデルを撮影し、その方々から高い支持を得る等、ポートレートの評価が高い。
○ Fashion
YOKE / Norio Terada
ブランド名の YOKE/ヨーク は、「 繋ぐ」「絆」「洋服の切り替え布」などを総称した意味。
"つなぐ" をコンセプトに2018AW にブランドをスタート。「 モノがヒトをつなぎ、ヒトがヒトをつなぎ、ヒトがモノをつなぐ」
ユニセックスで着こなせる洗練されたアイテムが男女問わず業界内でも人気が高い。
○ Food
ariko / Ariko Shima
人気女性ファッション誌をを中心に活躍するエディター、ライター。インスタグラムに投稿する、センス溢れる料理の写真や食いしん坊記録で話題
に。さまざまな料理教室に通い、その復習は欠かさない。美味しいものを食べに行ったら、おうちで再現してみるのが日課。
Instagram のフォロワーは16 万人超え。近署に『ariko の食卓~小腹がすいたら~』(ワニブックス)、『ariko のパン』(主婦の友社)がある。
○ Objet
ENKEL / Wataru Mizuma
ファッションを中心としたショールームSTUDIO FABWORK を主宰。
2020 年6 月ファッションと合わせて家具やうつわなど「普通でちょうど良い」身のまわりのモノを集めたギャラリーショールーム”ENKEL”を
スタート。現代作家のうつわやアートから、ジョージ・ナカシマの家具まで、日々の暮らしを少し高揚させるモノに出逢える場所を展開。